住友重機械労働組合連合会
検索
ホーム よくあるご質問 関連リンク お問い合わせ・資料請求 サイトマップ
 
労働組合について
Home > 労働組合について > 4つの民主主義
労働組合とは
ルーツオブユニオン
労働三権と労働三法
労働協約
労働運動の二つの流れ
4つの民主主義
知っておきたい用語集
 
 
4つの民主主義
 
  労働組合は、その考え方で、大きく二つに分けることができます。一つは、私たち住重労連のような「民主的労働運動」、もう一つは「階級的労働運動」です。

  階級的労働運動は、経営者を敵とみなし、労働者は、対決しなければならないと考えます。 「マルクス・レーニン主義」という特定のイデオロギーに基づいて、活動し、個人の自由、尊厳は、認められません。現在の民主主義社会を打倒し、共産党一党独裁の国をつくることが、組合の目的となっています。

  民主的労働運動は、自由と民主主義を大切にし、個人の人格の尊重を基本にしています。 経営者とは、対等の関係で話し合い、会社の発展と私たちの生活の向上のために努力します。 その実現のために、「四つの民主主義」を基本の考え方として活動しています。
四つの民主主義
 
働く者と経営者、パートナーシップが大事です
  労使関係、つまり働く者と経営者との関係をふたつの面に分けて考えます。

STEP 1
生産性を向上させ、会社の業績を上げ、企業を発展させていく、という労使の考えの一致する面では、労使協議などで協力します。

STEP 2
また、考えの相違する面、つまり賃金や働く時間などの問題は、対立する問題として、団体交渉などの話し合いの場で解決していきます。
 
住重グループ 中央経営協議会の様子(年2回開催)
photo1
 
photo2
 
ご利用条件 ご利用環境 個人情報の取扱いについて RSSについて copyright