HOME > 新着情報詳細

令和元年度 全国労働衛生週間が始まりました!

2019年10月1 日

「健康づくりは 人づくり みんなでつくる 健康職場」

全国労働衛生週間は、働く人の健康の確保・増進を図り、快適に働くことができる職場づくりに取り組む週間です。 昭和25年に第1回が実施されて以来、本年で第70回を迎えます。 この機会に自主的な労働衛生管理活動の大切さを見直し、積極的に健康づくりに取り組んでみましょう。

睡眠と生活習慣病との深い関係

質の悪い睡眠は生活習慣病の罹患リスクを高め、かつ症状を悪化させることが分かっているそうです。日本人、特に子供たちや就労者の睡眠時間は世界で最も短いと言われており、実際に慢性的な寝不足状態にある人は糖尿病や心筋梗塞や狭心症などの冠動脈疾患といった生活習慣病に罹りやすいことが明らかになっているそうです。この機会に、ご自身の睡眠習慣を見直してみましょう!

厚生労働省e-ヘルスネット 睡眠と生活習慣病との深い関係